osprey's diary

日々の雑感を書き綴ります

MariaDBでdatabase table の schema 情報の見方

備忘録。スキーマ情報の見方。

 

use <database_name> してから desc <table_name> すると情報が確認できる。

 

$ mysql -u root -p

Enter password:

Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.

Your MariaDB connection id is 5766

Server version: 5.5.52-MariaDB MariaDB Server

 

Copyright (c) 2000, 2016, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

 

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

 

MariaDB [(none)]> show databases;

+--------------------+

| Database           |

+--------------------+

| information_schema |

| owndb              |

| mysql              |

| performance_schema |

| test               |

+--------------------+

5 rows in set (0.00 sec)

 

MariaDB [(none)]> use owndb;

Reading table information for completion of table and column names

You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

 

Database changed

MariaDB [owndb]> show tables;

+--------------------+

| Tables_in_owndb    |

+--------------------+

| mt_company         |

| mt_role            |

| mt_staff           |

| mt_user            |

 

+--------------------+

4 rows in set (0.00 sec)

MariaDB [owndb]> desc mt_company;

+-------------------+--------------+------+-----+---------+----------------+

| Field             | Type         | Null | Key | Default | Extra          |

+-------------------+--------------+------+-----+---------+----------------+

| id                | int(11)      | NO   | PRI | NULL    | auto_increment |

| ccode             | varchar(6)   | NO   | UNI | NULL    |                |

| cname             | varchar(60)  | NO   |     | NULL    |                |

| email             | varchar(255) | NO   |     | NULL    |                |

| fax               | int(11)      | YES  |     | NULL    |                |

+-------------------+--------------+------+-----+---------+----------------+

5 rows in set (0.01 sec)

 

 

 

MariaDBのdumpをmssql compatible で出力する

備忘録。

とある炎上案件の後始末で調べることになった。

 

ここに情報はあった。

mariadb.com

 

mysqldump するときに、 --compatible-mssql と付けておくと行けるっぽい。

CentOS7でnginx安定版をyumで管理する

備忘録としてメモ。

 

リポジトリを追加する。

# vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo

[nginx]

name=nginx repo

baseurl=http://nginx.org/packages/centos/7/$basearch/

gpgcheck=0

enabled=1

 

# yum check-update && yum -y --enablerepo=nginx install nginx

 

CentOS7でPython3.6をyumでinstallする

備忘録として。

 

リポジトリの追加

# yum install -y https://centos7.iuscommunity.org/ius-release.rpm

 

3.6を探してみる

# yum search python36

 

インストール、とりあえずpipも添えて。

# yum install yum install -y python36u-devel python36u-pip

 

 

 

 

 

MariaDBで大文字・小文字の区別をしているか確認する

OSはCentOS7.3でMariaDBのバージョンは5.5.52、こんな感じでした。

 

MariaDB [(none)]> show variables where variable_name='lower_case_table_names';

+------------------------+-------+

| Variable_name          | Value |

+------------------------+-------+

| lower_case_table_names | 0     |

+------------------------+-------+

1 row in set (0.11 sec)

 

この’lower_case_table_names’の値が’0’だと、大文字と小文字を区別するようです。

ちなみに’1’だと区別せず全て小文字で格納するようです。

これが’2’だと区別せず全て大文字で格納するそうです。

 

Defaultは’0’で区別するになっているようです。

 

WindowsMacOSは大文字小文字の区別しないみたいなので、注意が必要ですね。

 

ちなみにソースを変更するのが辛いのでDB側で対応する!となって大文字小文字を区別せず全て小文字で格納するように変更するときは

/etc/my.cnf.d/server.cnf

[mysqld]

のところに

lower_case_table_names=1

を追記してMariaDBを再起動すると反映されてました。

 

# vi  /etc/my.cnf.d/server.cnf

systemctl restart mariadb

 # mysql -u root -p

Enter password:

Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.

Your MariaDB connection id is 2

Server version: 5.5.52-MariaDB MariaDB Server

 

Copyright (c) 2000, 2016, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

 

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

 

MariaDB [(none)]> show variables where variable_name='lower_case_table_names';

+------------------------+-------+

| Variable_name          | Value |

+------------------------+-------+

| lower_case_table_names | 1     |

+------------------------+-------+

1 row in set (0.01 sec)

 

MariaDB [(none)]> exit;

#

 

 

 

 

以上

さくらのVPSのubuntu16.04でFirewallにはまる

さくらのVPSのubuntu16.04でFirewallにはまったのでメモ。

サポートページにもある通り、iptablesが有効になっている。

help.sakura.ad.jp

 

プロセスを見て動いてないと判断してしまったが、実際には動いてる。

気をつけよう。

Ubuntuのsnmptrapdでハマったこと

snmptrapd でハマったことのメモ。

 

/etc/init.d/snmptrapd の起動オプションを変更していたのに反映されずしばらく悩んていたら、/etc/default/snmptrapd のほうが優先されるっぽいので、該当行をコメントアウト。無事反映された。

 

動きを見ると/etc/default/snmptrapd に追加していくのが正しいのかな?

あとで余裕ができたら確認する。